Entries

里山の五箇山です♪

五箇山



今から、40年程前の新婚時代

小さなアパートで、お向かいの部屋のTちゃんと仲よしになりました。

彼女は、小学校の教師をして1年目のホヤホヤさんでした~ 

「○○ちゃん!これ読んでみまっし。」と

薦められた本がかつおきんや氏の天保の人々でした。







一気に読みました~ 続編のネーミングは、五箇山ぐらしとなってます。

この本を読んでから・・・ ずーと、行ってみたかった所なんですよ~


さぁ、五箇山の里山をご覧くださいませ。


五箇山





五箇山



170年程前の 加賀のお百姓さん達の物語です。

お米の年貢が、厳しくて・・・今も、税金が厳しくて~~~ 

昔も、今も庶民の暮らしは同じやわ~



観賞用の花ナス  

五箇山の花ナス





イナゴの害で、不作だったために年貢米をへらしてもらうよう

実地検分を藩に願い出たところ、ふとどき者だといって

村役をとらえて、拷問にかけ、家財をすべて取り上げたうえ

五箇山に 5家族37名を流刑にしたのであります。




峠を越え、厳しい雪道を老いた婆さま 女 子供が歩きましてございます。


かつての五箇山は深い山奥で秘境でした。

川の両岸に大綱を張り渡し籠をつけ それに乗って川を渡る

目もくらむような絶壁を川風にゆられて渡るときは

大の男も思わず息をのむほどのものだったようです。





38間(約68m)の 庄川を渡って

金沢から富山の五箇山での暮らしが始まります。


五箇山



右岸側は、加賀藩の罪人を流す流刑地になっていたのです。



この籠に乗って渡ってたんですよね~  




五箇山






ここでの暮らしは 主に蚕を飼ってまゆを作り  塩硝作りです。

塩硝は鉄砲や火薬の材料で全部加賀藩に買い上げられていたそうです。

皆で、仲よく協力し合って 素晴らしい働きぶりでした。




蕎麦の花もきれいです。


五箇山 蕎麦の花



お化けかぼちゃも生ってましたよ~  これ、メチャデカイんですよ。 


五箇山で



最後に、山菜蕎麦を3人でいただきました。


お店のおっちゃんが、息子さんの名前を呼んでいたんですけど。。。

我が家の息子と、同じ名前でして・・・  



おっちゃん曰く・・・「この蕎麦は志村けんも来て食べたんや~」って。

TVに出てたらしいですけど・・観てませんわ~ 




五箇山の蕎麦



静かな里山・・・心和みましたよ~ 行けて良かったーちゃ。  


次回は、岐阜の白川郷と飛騨の高山をアップします。



五箇山


スポンサーサイト

Comment

みやこ草さん 

こんにちは
軒先に吊るしてある赤いモノはなんでしょうか?
妙に気になります(口に入るモノだと嬉しいんですが)
これから新蕎麦の季節、コレも嬉しいです~。
・・・・せっかく五箇山を見せてもらったのに、食い気ばっかりでゴメン・・・・
ン・・・でっかい南瓜は馬用かな?
  • posted by のんびり熊 
  • URL 
  • 2014.09/17 13:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ここらとは全く異なる風景に 見とれてしまいました^^
空気も良いのでしょうか、画像がとても鮮明のような気がします。
今のように交通手段もなく 過酷な山奥の暮らし・・・流刑の地と言われるのも納得です。
「天保の人々」読んでみたくなりました。

  • posted by おかっぱたこ 
  • URL 
  • 2014.09/17 14:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

のんびり熊さん

こんにちは~
赤い可愛い実は、花ナスです。
観賞用らしくて、食べられないそうです。^^
熊さんのコメントいただいてから・・
あと付けで説明入れました~ 有難うさんです♪

蕎麦は食べるのも 好きですが
白い小さなお花が、とても可愛いですね。i-178
食欲の秋・・旅行したら、体重元に。。。^^;
デカイ南瓜も観賞用かな?
ハローウィン用かも・・ なんちゃって。
  • posted by みやこ草 
  • URL 
  • 2014.09/17 15:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おかっぱたこさん

向こうに住んでいた時に、友人に薦められ読みましたが
その地にいたからこそ・・
伝わってくるものがありました~
本が好きなおかっぱたこさんなので
古い本ですが、読んでみてくださいな~
五箇山に行ってみたくなりますよ~ v-290
  • posted by みやこ草 
  • URL 
  • 2014.09/17 15:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

お蕎麦も美味しそう 

北海道では見ることのできない風景で、素敵です。
畑はたくさんあり、自然豊かですけれど雰囲気は全く違いますね。
花ナスも初めて見ました。

読まれた本の土地に実際に行ってみると、またイメージがリアルになって広がるでしょうね。

白川郷、旅行のパンフレットを見ては行ってみたい場所でした。
楽しみです。
  • posted by かりん 
  • URL 
  • 2014.09/17 16:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こういう感じ好きです。
いいところですね。行ってみたくなりました。

「天保の人々」読んでみます。
  • posted by 知恵ママ 
  • URL 
  • 2014.09/17 19:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

かりんさん

こんばんは~ 有難うございます。
北海道みたいに、雄大な土地ではなくて
ほんと、狭い山里なんですよ~
暮らしていくには、辛いもんがありそうですー
しかし、何とも言えないあったかさを感じました。

白川郷は、何度も行ってる所です~^^
  • posted by みやこ草 
  • URL 
  • 2014.09/17 20:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

知恵ママさん

こんばんは~ 有難うございます。
狭い山里でしたが、とても、気に入りました~
お花と、青い空とすぐそこにある山・・・
和みのムードがいっぱいでした~^^
  • posted by みやこ草 
  • URL 
  • 2014.09/17 20:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

この風景、素晴らしいですね。最高です。
日本に生まれてよかったって思います。

山里いいですね。

いいお話聞かせてもらいました。

白川郷楽しみです。
  • posted by パンダ園長 
  • URL 
  • 2014.09/17 23:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

奥深い山里、今こうして見るには日本の原風景でいいなあ〜と思う。

でも、そこには辛い歴史が、、。そんな所でも肩を寄せ合い生きて来た人たち、、。強い。そして絆の強さを感じる。

美味しい蕎麦がある所は、概してコメも出来なかった所だ。痩せた土地で蕎麦を作り飢えを凌いだ。

今は、飢えとは縁遠いが、この日本だって数十年前はそんなのは日常茶飯事だっただろう。

ちょっと真面目になってごめんなさい。
白川郷も期待しています。
  • posted by 素流人 
  • URL 
  • 2014.09/18 06:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

パンダ園長さん

お早うございます。
今朝は、急に涼しくなり・・秋ですね~^^

自分の感性で写真撮ってます。
素敵な、風景が好きです♪

北海道も、最高ですよ~ 
  • posted by みやこ草 
  • URL 
  • 2014.09/18 07:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

素流人さん

お早うございます。
秋らしくなってきましたね~
昨日、近場でススキも見ました。

おっしゃる通り、雪深い五箇山での暮らしは
大変だったと思います。
そんな中でも・・皆が、仲良く力を合わせたら
乗り越えられるんですよね。 v-219

ある意味、昔の人は素晴らしいです!
見習うべきことたくさんです。^^/
  • posted by みやこ草 
  • URL 
  • 2014.09/18 07:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんにちは。 

五箇山素敵な所ですね
百日草 ハナ ナス綺麗です。
軒下に下げたハナ ナスお洒落で
山里の良い雰囲気を出していますね。

五箇山の歴史 分りやすかったです。
白川郷の記事楽しみです。
  • posted by ノンビリサン sachiko 
  • URL 
  • 2014.09/19 13:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ノンビリサン

こんにちは!  急に寒くなりましたね。
そろそろ、秋物の服出さなくては・・^^

軒下の花ナスも可愛くて 絵になりますね。
奥深い山里・・和みました。

白川郷も、五箇山を広くした感じですけど
少し違います。v-410
  • posted by みやこ草 
  • URL 
  • 2014.09/19 16:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

みやこ草

Author:みやこ草
引っ越しばかりの転勤族でした。
神戸暮らしが一番長くて
忌わしい震災にも遭いました。

此方に来るまでは大阪に住んでいました。
大阪が一番自分に合っていて好きです。

此方は、神戸から少し離れた
自然がいっぱいの所です。

大好きな庭花の撮影と
家庭料理も載せていこうと思います。


 

最新記事

ただいまの時刻は…

右サイドメニュー

検索フォーム